書いた作品の中では珍しい下向き加減。

これを書いた当時の事を思いだして書くのは辛かった。

自分の作品は圧倒的に前向きな物が多いし自分もそっちが好み。

けどこういう言葉も出るしこういう風に思う事もある。

共感してくれる誰かの支えになれば。

一人じゃない、俺もだよ。